コーレタンのサンゴ奮闘記

サンゴ初挑戦、日々のトピックスを記録として、残します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゲサンゴ白化止まらず・・・

トゲ白化042701
残念ながら、トゲサンゴは、回復の見込みのない状況のようです。4月27日水槽より、出しました。
もっと早くに対応していれば、救えたかもしれません。非常に残念です。
原因も良く分かりません。強光障害を要因したものなのか、入海時に水面下15cmのところにレイアウトし、T5 水面まで15cm設置。補助光として、シエロCB(この光はほとんど当たっていない)、バイタルウェーブ9Wブループラス(こちらもトゲにはあてていない)。もしくは、トゲサンゴの場所は、かなり水流が強い場所となるため、ストレスがかかってしまっていたのかもしれません。
すこしでも残したく、白化していない部分のみをフラグにしてみました。
トゲフラグ3

トゲフラグ2

トゲフラグ1

3つ作りました。白くなっているのは、作成する際にCorAffixがついてしまったものです。
下手すぎる・・・・・生かせるものも、ダメにしてしまったかも・・・・・
しばらく、様子をみることとします。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 02:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日プレゼント

スパ先パ0420b
妻より、誕生日プレゼントとして私の一番好きなサンゴである、スパスラータを買って貰いました。4/20入海です。
先端パープルとのことでしたが、若干色落ちしての到着。
かなり、下の方にレイアウトしてみました。
スパ先パ0420a
以前に購入したものと大分雰囲気が違います。こちらの方がスパスラータっぽいです。
以前のもの
スパ0413

これってスパなのでしょうか?

どちらも大事に育てて生きたいです。
  1. 2013/04/29(月) 01:22:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーレタン回復

コーレタン0420

白点病治療中のコーレタンですが、上記の通り、白点虫が目視できない状況となりました。後、1週間程療養予定です。
TUNZE6055
水流も強化しました。ツンゼ 6055です。残念ながら、コントローラーは、ナチュラルウェーブミニを使用しています。

ナチュラルウェーブミニ
こちら、流量調整はできません。6秒ON 3秒offの一番短い設定としています。夜は、ライトのタイマーにつないで、OFFにしようかと思っていたのですが、このコントローラー一度電源をオフにするとボタンを押すまで復帰しません・・・・・
24時間稼動フル稼働とすることになりました。流量は、2段階にツンゼ側で調整できるので弱い方としました。これで、MP10とツンゼ6055で水流はかなり良い感じとなりました。
MP10は、ナイトモードを使用しています。

  1. 2013/04/21(日) 17:04:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白点病治療 順調です

キューブに戻しました。白点病治療1
コーレタンを隔離し、上記のように2つのプラケースにて毎日交互に入れ替えて治療中です。比重は、通常通り1.024とし、グリーンFゴールドを規定の半分としてます。グリーンFゴールドは、2gの小分けされたものを、2lの純水で溶かして、プラケースの替水の際、40ml添加し、調整しています。50日分です。
一時は、白点虫まみれでかなり衰弱していましたが、餌も食べるようになり、大分回復してきました。ミナミハコフグは、完治したので30cmキューブに戻しました。

トゲサンゴは、強光障害の可能性が高いとのこと。照明を15cmから30cmに変更し、様子を見ます。
  1. 2013/04/17(水) 10:05:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トゲサンゴ白化??

トゲ白化

わかりずれいですが、ところどころはげたように白くなっています。上記写真は、照明なしでとりました。
何せ、初めてなので、状況がわからないです。このまま、様子をみたいと思います。

グリーンのテーブルはポリプをたくさん出しています。色合いは、変わっていません。
こちらは、T5照明ありで撮影。
グリーンホソエダ0413

  1. 2013/04/14(日) 01:21:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーレタン捕獲

白点病治療1

コーレタンが白点病になり、かなり酷くなってしまいました。昨日やっとのことで捕獲し、治療を開始しました。3つのプラケースで対応しています。2つには、海水を2.5L程度入れます。それぞれ、加温とエアー。もう一つは、グリーンゴールドFを濃い目に溶かした水です。40ml程度を加えると規定の半分程度となるので、2つの水槽には、40ml加えています。これから、しばらく、毎日コーレタンを移動させます。空いたケースは全換水です。
でも、コーレタンは、かなり体力を消耗してしまっているようです。エサも食べません・・・・・
元気になってくれると良いのですが・・・・・

あと、ブレニーが行方不明になってしまいました。また、サンプに落ちたと思い、ろ材もすべて出し、創作しましたが、見つかりません。飛び出しかもしれません。家は、ポリカ製の蓋を乗せているので考えにくいのですが、水槽内には、いません。非常に残念です。とても、愛嬌があり、家族の人気ものでした。

  1. 2013/04/14(日) 01:10:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白点病の原因

家では、人口海水をつくる際にハイドロメーターを使用して比重を1.023、サンゴ水槽は、1.024にて調整していました。
実は、2週間前に30cmキューブ水槽のミナミハコフグも白点病にかかり、今は完治してますが、隔離治療ケースにいます。いずれも換水後に発症しており、海水の比重が気になり先週、これを購入しました。
比重1
LSS サニリティーメーターです。

比重2
比重と、濃度が正確に計測できるそうです。計測も飼育水をスポイトでたらし、除くだけです。校正も水ですのでらくです。衝撃等でも狂うらしいので、校正は、頻繁にやったほうが良さそうです。

早速計測してみると・・・・・・・・
な・・・な・・・なんと、1.030 うぉーーーーーー
30cmキューブ水槽も、1.030。
直ぐに、RO水を追加し1.027にしました。そして、その翌日、1.025へ。
サリニティーメーターは、こんな感じに見えます。
比重3
しかし、いつから1.030になっていたのだろう。
サンゴは、特に変わりなく元気そうです・・・・良かった、良かった。今後、サンゴは、1.024~1.025で維持していきます。
  1. 2013/04/06(土) 00:26:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーレタンが白点病に・・・・・

コーレタンのヒレのキズは、予想どおりエメラルドグリーンクラブのようです。ライブロックの隙間を泳ぐ際に、カニがハサミを振り上げて抵抗しているのを目撃しました。積極的な攻撃でないため、このままで大丈夫でしょう。
3月末コーレタンに白点病が発症していることが確認できました。直ぐに隔離し治療したいのですが、とても捕まえられません。しばらく様子見することに・・・
コーレタン白点

白点病の治療については、今の30cmキューブでミナミハコフグを飼育していますが、この子が過去3度発症しています。治療については、小型のプラケース2つ用意し、グリーンゴールドFを規定量の半分添加し、毎日全換水で対応していました。1週間程で完治します。特に比重は低くせずに治療しています。
コーレタンも早く治療してあげたい。


  1. 2013/04/05(金) 23:41:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コーレタン
2013年2月にサンゴ水槽を立ち上げました。
60cm×50cm×45cm 自分自身の飼育記録として、残していきます。サンゴについては、わからないことばかりです。アドバイス頂けると嬉しいです。
他、ハラガケガメ、ニオイガメ×2、ミナミハコフグ、イモリ、ベルツノガエル,トビハゼ等飼育中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (145)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。